顔の印象を決めるもの

学生時代、私をはじめ多くの人が経験したことがあるのが、ニキビだと思います。私の場合は運動部で毎日汗をかいていた中学生時代がニキビのピークでした。特に前髪がかかっていた部分のおでこがひどくて、ニキビ跡がとても気になっていました。市販の薬を塗ってもなかなか治らず、治ったとしてもまた別の個所にニキビが出てくることの繰り返しでした。また、痒くなってかいてしまった結果、傷になってしまい薬も塗れず、なかなか治らないなんてこともよくあり、学生時代の悩みでしたし、ましてや女子なので周りの目がとても気になりました。つるつるの肌の子にとても憧れていましたし、お化粧をしたい時期でもあったので、ニキビがあることはとてもつらい思い出です。

ニキビは、ひっかいて潰してしまったりして傷になったしまうと、ニキビ跡として残ってしまうと聞いていました。なので、痒くてもできる限り触れないように、夜にそっと薬を塗ったりしていました。ニキビ跡の色素沈着は、ニキビによってできた傷などが多くなる事でできてしまうものと聞いたことがあります。潰して血が出て、それが治らないうちにまた新しいニキビがどんどん重なっていってしまい、赤き湿疹のような状態からどんどん茶色になり、肌表面がクレーターのようになってしまった友人を知っています。その友人は頬っぺたのニキビがひどく、よく掻きむしってしまっていたようで、そのような状況になってしまったと話していました。今も、その時できたニキビ跡の色素沈着が残っていて、ファンデーションをのせてもすべてを隠すことができず、凹凸の気になるととても嘆いていました。