最近の小さな喜び

それは、体調が大分良くなってきた事です。

この6月に入ってから、なぜかずっと不調でした。あまりキレイな話ではないのですが、6月前半はずっと便秘と下痢を繰り返し、何も食べられませんでした。スポーツ飲料や、インスタントカップスープ等の水モノのみで、マトモな食事は食べられませんでした。
「体力と気力が無い」といった方が早いかもしれません。それが2週間ほど続いたでしょうか。

ある日の事です。あまりの症状のキツさに耐えかねて、6月半ばに病院へ行きました。
先生に事情を説明しましたところ、「過敏性大腸炎だろう」と診断されました。
「薬を出しておきますから、それを服用してしばらく様子をみておいて下さい」との事で、薬を処方され、帰宅直後から早速服用し始めました。

飲み始めた直後はお腹を壊しました。ですが、しばらく服用しているうちに、お腹の調子が少しずつ以前のように元気になってきているではありませんか。
「あれ、少しずつ変わってきている」と気付いたのは、言うまでもありません。

ある時、「食生活に気を付けよう」といった趣旨の記事を、 たまたまネットで見つけました。
「ご飯は玄米等、精製度の低いものにする、豆類を積極的に摂る等」といった事が書かれてありました。
その内容に ピン!と来るものがあったのでしょうね。その要点を早速付箋に書き、冷蔵庫に貼って、事あるごとに見るようにしました。

そうこうするうちに、そのメモを見て、豆類や果物等、繊維質のものを摂る事を少しずつ意識するようになりました。
その結果、前よりも お腹の調子が改善しつつあるのを実感しています。もちろん、適切な診断と薬のお陰であるのも、言うまでもありません。

今だから思う事ですが、体調不良になる事で自分の食生活等を見直しできたので、「ある意味、これで良かったのかも」と感じています。
今後も食生活を含めた生活習慣を、少しずつ見直し出来ればいいなと、考えています。