ついつい買ってしまうもの

2歳の娘を連れての毎日の日課は近くのスーパーへのお買い物です。そこでついつい見てしまうコーナーがあります。それは、見切り品コーナーです。何かお得なものはないか、そう思うとワクワクしてきます。

その見切り品の中でも特によく買ってしまうものが菓子パンです。食べ盛りの息子が2人いて、おやつにちょうどいいので買ってしまいます。ついでに自分用にも買ってしまいます。
だって、半額以下の時もあるし食べてみたかった新商品の菓子パンも見切りになっていることがあるのです。あまりの安さについつい買いすぎてしまいレジでびっくりすることもありますが、とてもストレス発散になっています。ほかの見切り品では、お豆腐やジュース野菜などもつい買いすぎてしまいます。

スーパーの見切り品以外でもつい買ってしまう物があります。それは、シャンプーや柔軟剤、入浴剤などの日用品です。いつも使っているものを買いに行ってもよく新商品を見つけてしまうのです。

テスターの匂いを嗅いでみたりすると新しい香りは新鮮だったりします。こっちの香りもいいかも。なんて思い買っちゃいます。いつも使っている詰め替えを買うほうがお得なのに、です。試したくなるんですよね。でも結局はいつも使っている方に戻ってしまいますが・・・。

他にはやはり子供服をついつい買ってしまいます。最近は色んな所で可愛くて安い子供服が手に入ります。ただ見るだけ、と思っていてもお店に入ると安さ可愛さで何かしら買ってお店を後にしています。

いくら安くても見切り品でも、考えて買わなきゃ結局お金の無駄遣いだな、と考えさせられます。