我が子の離乳食の進め方

10月11日で娘が5カ月になりました。
離乳食をいつから始めようか迷った結果、平日の何かあってもすぐに病院へ行ける13日の9時からスタートする事に決めました。

まずは10倍粥からです。初めて食べるものは美味しいものがいいなぁと思い、一人用の土鍋でお粥を作りました。
大さじ1だけを作ってもブレンダーですりつぶすと結構な量になりました。

初めは小さじ1からスタートと習ったので小さじ1だけお茶碗によそって、他は後日食べるために小さじ1×1つ
小さじ2×2つ小さじ3×2つと少しずつ増やしていき、粗熱が取れたら冷凍庫へしまいました。

初めてのお粥は少しビックリした顔をしていましたが嬉しそうに上手に完食してくれました。
しばらくお粥を連日あげていましたが1週間後初めてのお野菜にチャレンジです。

まずは甘くて食べやすいと聞いた人参をあげることにしました。輪切りにしてレンジで温めブレンダーですりつぶしました。
人参も小さじ1からスタートで残ったものはお粥と同じように冷凍庫にしまいました。
人参も美味しそうに完食してくれました。

お粥と同じように1週間後に新しいお野菜を追加する予定でしたが、支援センターのイベントへ参加した時に栄養士さんに離乳食の相談をすると、野菜はアレルギーが少ないからそんなに慎重にしなくても新しく始める時だけ1品ずつにして大丈夫なら次の日に新しく増やしていいと聞きました。

なので支援センターの帰りにかぼちゃを早速買って帰り、明日のために離乳食作りをしました。
一口大に切って皮をむき、レンジで温めマッシャーで白湯を加えながらつぶしました。

それから毎日ほうれん草やりんごなどを増やしています。
今日で離乳食をはじめて2週間経ったので、明日は豆腐にチャレンジする予定です!

今のところりんごだけすごく嫌そうな顔をしながら食べていましたが全て完食してくれています!
豆腐も気に入ってくれたらいいなぁ。いろんな食べ物に慣れて沢山大きくなってほしいです。

梅田を歩けば

昔は大阪の梅田で働いていたので
「ここら一帯、全部マイ庭!」
ってくらい熟知していたのですが、
再開発がすすんで、最近はまるで異国のようです。
外国人観光客も増えて、歩いていても外国語が耳に飛び込んできますしね。

だいだい阪急百貨店が改装したあたりからあやふやになって、
グランフロントなんて数回しか行った事ありません。
ルクアなんて行ってないうちに、改装しましたね。三越どこよ?

JR大阪駅の下は最初は「ギャレ」でしたからね。知ってる?
fiveの前のビルを覚えている人なんているんでしょうか、
上の階にレンガの壁があった頃です。

って歳バレちゃうわ。
私も若いころは、梅田のをあるけば、道行く男性に
次々声をかけられたもんですけどねえ。

ええ、おっちゃんばっかりでしたけど。
「競馬で勝ったから、何か買ったる。買わせて」
とか言われました。

ホワイティとか、1ビル~4ビル地下あたりが多かったかなあ。
私、信号待つの嫌いなんで、地下ばかり歩いていました。

昼間からお酒飲んでるおっちゃんも多かったですね。

もちろん、声をかけられても逃げました。
おっちゃんら顔が怖いのよ。

そういや、最近はすっかり声をかけられなくなりました。
だれも、私にプレゼントしてくれたりしなくなりましたね。

こうなったら自分で稼ぐしかないか。
でも、歳をとると、昔ほどは稼げない。

若いうちにもっと美貌を武器にガッツガッツ稼いでおけば良かったわ。

もしこれを読んでいる若い人(自称でも可)がいたら、
「気力体力のあるうちに、貯金する!ですよ!」

http://xn--u9jz52goya953e1ee25pbq4d.com/

東京に行きたい

Twitterやブログの世界をみていると、
地方で企業しようだの、都会で消耗してるの?
的な空気が流れていて、イマドキ

「東京で一旗あげてくる」

なんて風潮は感じれないのだけれど、でもやはやり、芸能関係だけは東京にいかなきゃダメみたいです。

まず仕事の数が全然違う、地方(大阪でさえ)劇団に入って、人気者になってもテレビの仕事なんてほとんどない。そんな地方の実力者にくらべたら、屁みたいなペーペーの役者でも、東京なら、テレビの「再現映像」とかメディアの仕事がいろいろあるらしい。

私も来年は東京へ行ってみような、と思い始めました。
地方にいても先が見えない。
もちろん東京に行くだけで人気スターになれるわけじゃないけど、
先輩が紹介してくれる芸能事務所もあるし(もちろん正規契約じゃなく、いざといううときの補欠、みたいな扱い)

それでも何もしないよりはいいと思うのです。
やりたいことをできるうちにやっておかないと、すぐにおばさんになっちゃう。
母は「おばさんタレントでブレイクした人もいるでしょ!」ですって。
別にタレントになれたらなんでもいいってわけじゃないのよ、お母さん!

そんな母にはアルバイト先も先輩が紹介してくれるみたい、と言っていますが、
そんな、いい仕事を紹介してくれる人なんていません。

新宿の風俗求人……こういうところでコツコツ探そうと思います。
芸能事務所にいるっていうと、待遇も客層も良いワンランク上のお店に入れるというし、
お金持ちのお客さんに気に入られたら、一気にプリティ・ウーマンの世界!に!

いろいろ社会勉強を積んだほうが演技にも幅がでるというし、
何かと苦労しながらいつか「実力派女優」と呼ばれる日がきたら、うれしいな。

がんばれ私!

ほっこり編み物女子

秋も深まり、冬の気配を感じるようになると、暖かい毛糸が恋しくなります。そんなとき、可愛い毛糸小物の写真が入った編み物の本など手に取ると、やっぱり今年も新しいものにチャレンジしたいという気持ちが沸き起こり、途端に手芸屋さんの毛糸コーナーへと足が向かいます。

何しろ毎年新しい毛糸小物の本が新しく出たりして、それを見てしまうと自分も何か作りたくなってしまいます。そうして今年も肩こりを覚悟で、嬉しそうに毛糸を買って、編み物を初めてしまうのです。

元々編み物が得意だったの?と聞かれると、全くもって「ノー」と答えるぶきっちょ女子でした。まさか私が、と思ったのですが、友達に教わり苦心の末、編み上げたニット帽。意外に好評だったので、ついつい調子に乗ってハマっていったのです。

もちろん買っちゃった方が早いしコスパもいい、でも自分で編んだ作品群はやはり愛しさが違う、そんなことを思いながら、毎年レベルアップを目指し、黙々と作り上げていくのです。

慣れるまでは苦心するのですが、慣れてくると毛糸と戯れることが楽しくなってきます。そして着々と出来上がっていくさまは、お腹の中の赤ちゃんが大きくなっていくよう、というのは大げさですが、喜びがあり、その過程はなんだかほっこりとした幸せな気持ちになります。

また、ストレスを感じているときも無心になれるので、癒されます。冬のひととき、暖かいお茶でも飲みながら、ほっこり編み物女子で過ごすのも、なかなか乙なものです。

Googleのクロームキャストがすごい!

Googleのクロームキャスト、ついに買ってみました。
これは、テレビのUSBの差し込み口に機械をつないで、スマホなどで操作すると、大画面でyoutubeなどの動画を見ることができるものです。大きさとしてはまさにUSBくらいで小型です。

夫に頼んで接続を依頼して、もし無理だったなら返品もいいかと思って、本当に気軽に買ってきたものの、思った以上に活躍しそうで今年のベストバイになりそうです。

USBに差し込んで、wifiのパスなどを入力すると、スマホを自動検知してくれるようです。機械は詳しくないのですが、自動的に作動してくれたので女性でもセットアップできるかもしれません。

セットアップして、最初に見たのはyoutubeのアニメです。youtubeの右上にクロームキャストのマークがあるので、それを軽くタップするだけでテレビ画面に写ります。それまで、スマホで見せていたyoutubeの動画がテレビの大画面で見せることができて便利です。大画面なので目が悪くなりにくそうです。
対応しているアプリもたくさんあり、huluやGYAO!も見せることができるようです。

実はコストコで売っているのを発見しての衝動買いでした。コストコは開封後に返品することができるので、うまくセットアップできなかったら返品でもいいかと気軽に買ったものの、かなり便利に使いこなせそうです。アマゾンで似た製品や同製品も売っていたのを見ましたが、コストコが最安値のようだったので買って満足しています。

神戸にデート

土曜日久しぶりにデート。11時から始まる展覧会に行くために、なぜか待ち合わせは9時。1時間で三宮までつくのに・・
それでも、9時代の電車は朝日の残りがさんさんとしていて 気持ちよかったです。
まず三宮でお茶をして、いざ向かう。
途中で外国人のお兄ちゃんに話しかけたりして、ゆったり流れる週末の時間。

つきあいましょうと言う話にはなっていないけれど、いっぱい会って話をして。画廊で一番幸せなことは、の問いに「彼女とデート」と書いてくれて。ある意味告白なのかなと・・ちょっと嬉しかった。

青い空に白い雲に山が緑で 神戸は本当にわくわくとさせてくれます。

そしてランチは、いつもより少し豪華に1800円のコース。スープ、前菜から、パスタ、スイーツ。スープはカブの冷たいスープ。
スープは冷た過ぎず、いい感じの温度。
ケーキはちょっとハロウィン仕様で、前菜はサラダにカルパッチョに、パテを塗ったブルケッタ。
パスタは私は鯛のトマトソース、彼はきのこと牛肉ークのミンチのミートソース。
本当においしかったです。

途中で交換したりして、これはデートじゃないですかと何度も突っ込みたくなりつつ、でもつきあってないようなつきあってるような、そういう感じも愉しいです。

ちょっとだけ手をつないで、わくわくと・・。つきあうって何なんだろうなあと、そういうタイトルはいいから 明日も会いたいと、誕生日も同じイタリアンのお店がいいなとひそかに願うのだけれど願いはきこえるのかな。

フィットネスへ行く理由

私はフィットネスを初めて、1年ほどになります。

フィットネスへ行くようになった大きな理由は
①体脂肪を減らし、ダイエット
②運動により体感温度を上げて病気予防

この2個の大きな理由の中で、細かく理由があります

今まで、自宅でDVDを購入して挑戦するも三日坊主で終わってしまったことです。どうしても家だとお金もかからないのでやる気が凹んでしまいますが、お金を払ってジムに行くようになったら主婦なので「もったいない」という言葉がいつも頭をよぎり、続くようになりました。

毎日行くようになり受けられる時間帯のスタジオレッスンをこなすようになりました。3か月に一度、体組成測定をすると少しづつ体重減少にともない、体脂肪も徐々に減りつつあります。月々午後設定で4000円なので主婦には家計にやさしいジムです。

体感温度を上げるというのもとても大切な事なのです。それは私はがん患者で2度癌で手術をした時に分かりました。癌は体温の低い人ほどかかりやすいと言われているのでいつも35度代の体温を上げるためでした。

手術をした病院の看護婦さんに言われた言葉は「同じ病気で2度も手術するのは頑固なのと、生活も何も変わっていない」と言われた言葉で目覚めたことです。

このままではいけないと思い、今まで体を動かすことに消極的だった私が一大決心したのです。ジムではヨガを週に3日とエアロビクスを週に2回、呼吸法を取り入れたレッスンは体感温度が上がり、毎日のように汗をかいています。

お陰で筋力もついてきてフィットネスへ行き始めて私の生活から人生・性格までにも新しい風が入り込んだような気分です。これからもフィットネスは元気でいられるならまずは5年間を目標にやり遂げたいです。